Atelier Yusa Koichi blog

一級建築士事務所 ユサコウイチ アトリエ
〒131-0032
東京都墨田区東向島3-22-11サニーフラット201
Tel 03-6276-5325 / Fax 03-6240-2855
E-mail info@y-k-atelier.com
HP http://www.y-k-atelier.com/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
見比べてみた。
『 魍 魎 の 函 』

 京極夏彦の百鬼夜行シリーズの2作目
たぶん、このシリーズで一番人気があると思う。

長編小説で中身が濃厚。

これが、去年(かな〜)アニメ化され、
それ以前では堤真一主演で映画化されている。

ぼくは、映画、小説、アニメの順に全部みている。

最近思い出して、再び映画を見直してみた。

で、とりあえず見直したことをちょっと後悔。


うーん、セットの作りこみすぎかな〜?
ちょっと世界観が押し付けがましい・・・

あと、映画ってだいたい90分くらいか。
長編小説を時間内に納めるため、
どんどんスリムになっていくストーリー。

アニメは30分単位で12話くらい。
なので時間で見るとアニメのほうが内容を詰め込める。


小説の気味の悪さというか、捕らえどこのないものを作っているのは、
描写や説明の細かさ、聞きなれない言語の羅列。

映画では、隙間をうめるように書かれた、
この贅肉の部分がきれいになくなってること。

ストーリーの最短距離を見たいなら映画は的確ともいえる。

| 遊佐 公一 | 2009 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
スノーボードとは。
スノーボードとは!
するものではなく、見る物です!!!


寒い所は苦手です。
それ以上に高い所は苦手です。

斜面を滑るには、滑り出すまでの勇気が必要です。

滑ってしまえば気持ちがよいのですが。
それまでにどんだけ精神力を使う事か・・・。

なのでスノーボードよりサーフィンの方が好きですが、
サーフィンも一度マジで溺れてからはめっきりです。

なので一番安全と思われる、
陸でバーベキューが最近の定番です。

それでもスポーツをやってる気分になりたいので、
ここ数年は、東京ドームでやってるX-trail JAMを見に行ってます。

もうこの大会も8年目。
こんだけやると伝説の大会みたいのがあっても良さそうです。

個人的な意見ですが、
確か、テリエ・ハーコンセンとトラビス・ライスが
二人でダブルバックフリップをやった、第5回大会がレジェンドです。
見ているとスカッとします。スカッと!
それと、山形のサル、布施忠のストイックさにはリスペクトです。

| 遊佐 公一 | 2009 | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
歯医者3
一応、決意表明どおり行ってきました。

やはり、元旦からはかなり経ち、
結局、クリスマスの前になりました。

この時はまだ僕の歯は三日月でした。
歯医者さんには「ごらんになりますか」「わかりますか」
といわれ、反射鏡で見せてもらい、レントゲンをとり、
初めて危機感を実感することができました。

ぽっくり穴があいてて患部が青黒くなっていたのです。

まだ、根っこから上の部分があるので
抜けるだろうと言うのだけど

「大学病院紹介しますね」

あぁーやばい。いくらかかるんだ
とか思ったりして。

で、すぐ行こうと思ったんだけど、
ほんとにタイミングが悪く、
今年の2月12日まで放置してしまいました。

なぜ2月12日までかというと、
この日に事件が起きたからです。

疲れを溜めてはいけないのです。
では次回。



| 遊佐 公一 | 2009 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ベンジャミン・バトン
見てきました。

傑作!とまでは言いませんが、
ぼくは好きです。切ないですね。

映画みれば良いと思います。

| 遊佐 公一 | 2009 | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
歯医者2
そして、親知らずもゆっくりと削られていったのです。

痛くなければ、危機感も時間と共にあせていきました。
そんな心がけなので、今日に至るまで、
何度も欠けていきました。

健全な歯が満月だとすれば、
5年の歳月をかけて徐々に三日月になっていきました。
いや、三日月よりも欠けました。

欠けるたびに、穴が大きくなり、食べ物が詰まる様になり、
若干の痛みもでましたが、
早く行かなきゃな〜と思いながらも、結局後回しです。

そこで2008年の元旦に決意表明をしました。

「今年こそは歯医者に行く」

周囲にも公言しましたし、
このくらいルーズに期限を決めないと
行く気にすらならないのです。

この決意の後については次回。
| 遊佐 公一 | 2009 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
デザインの理由
 

かわいい体温計を発見。
まるっとしてて、ファニーな感じね。

この体温計は婦人用で口中専用。
画面が大きく、口にいれて30秒で検温できるので便利。

そんなわけで、口に入れるって事をちょっと考えてみた。

口は内蔵への入り口。
デリケートである事は間違いないわけ。

太さや、丸さ、プラスチックの一体成形、金属とプラスチックの取り合い。
そんな触れるってことと、視覚的な安心感。
この両方がこの体温計では表現されてる。
だから、安心して、コレかわいいって
女子高生気分にもなれる(なれるのか?)

あと、この商品は検温部が平たくなってるのも特徴。
いままでありそうなのになかったらしい。
まだまだ、カタチをいじるだけでも発見はありそうだ。

すごいテキトーなんだけど、僕の理想は
成海璃子さんが寝ぼけて、ボケーーーッって
歯磨きしてるような雰囲気がある体温計がいいな。
んーー、わかりづらいか。蜂蜜とクローバー。
| 遊佐 公一 | 2009 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
歯医者1
みなさんは、歯医者が嫌いではないですか?
単に怖いとか、めんどくさいとか。

ぼくはそんな一人で、
昨日まで5年程、
親知らずの虫歯を放置しておりました。 

5年前・・・。
その頃はまだ実家に住んでました。
テレビ見ながらお茶を飲んでると

カキッ。

「あれ、口ん中になんかある」なんて思い
ペッっと手にだしてみると、歯のかけら。
欠けた親知らずを触ってみると、
ボロボロとまだ少しとれる。

この時点でやっと虫歯があることに気づきました。
やばいなーと思いながらも、
痛いわけではないので、そのまま放置。
そのうち歯医者に行けばいいや

そしてゆっくりと時間が過ぎて行ったのです。
続く。


| 遊佐 公一 | 2009 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
wiiしてますか〜!
 

これがほしかったんだよ。

じつは、昨年、wii買ったんですよ。
毎日フル稼働してるんだけど、
電池が1ヶ月もたない!

だから、「なんで充電式じゃないんだよ」って!

そしたら、ありました。
さすがサンヨー、エネループ!
これがあればコンビニにダッシュする必要ないもんね。

最近のサンヨーには目を見張る物があるね。
パナソニック、ソニーなど
業界のナンバーワンに一歩引いたポジションにいるけど
他社がやらない事をリスク覚悟でどこよりも先に挑戦する。

そして、一つのアイテムで
あれもできる、これもできるってお得感のある商品が多い。
得意なのは電池産業ばかりじゃなくなってきたかな。

さぁ、あなたはどっちの電池を選びますか?


| 遊佐 公一 | 2009 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
バーランチ in 台東区
バーのランチって食べた事ありますか?

結構、元フレンチのシェフとかが厨房しきってたりしてて、
本格的だったり、トリッキーな事やってたり。

おもしろいので近くのバーランチ探してみたらどうでしょ。

ぼくも何件か知っていますが、
そのうちいくつか教えますよ。

今回は台東区の例のお店おすすめしときます。
ヒントはこのDVD。

| 遊佐 公一 | 2009 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
CCTVの悲劇
いま映像を見ていますがすごいですね。
もう竣工間際まできてたのに。

これは悲劇です。

川や海がある訳でもないのにね。
渋谷、新宿で打上げ花火したら、
どっか火事になるってのと一緒だよね。

だけど、中国国民は
中国共産党との繋がりや
癒着から生まれた莫大な利益。
そういったCCTVの裏側に不満や怒りがあるせいか
火事になったって関係ないって感じ。
天罰ってことだな。

その中国国民は、建物のデザインにも批判的で
建物には「デカパンツ」ってあだ名までつけている。

諸悪根源の設計者、コールハースは、
スタディ中の模型に対し、3段階評価を与えている(らしい)。
手っ取り早く言うと「◯」、「△」、「×」

CCTVのケースでは、
この特別なカタチに凄く手応えを感じたらしい。
「◯」ってことだ。

色々な条件をふまえ、
構造的であり、
見た事のないカタチであり、
ビルの真ん中に穴を穿つわけじゃなく、
立体的なヴォリュームと空気の質量。
個人的にも興味が湧く建築だった。

それだけに本当に残念。
早く生まれ変わるといい(合掌)

しかし、火事は怖いですね。
今朝見た、オーストラリアの山火事では
炎が時速80キロ〜90キロで吹いてたって。
車で逃げた人たちが追いつかれてしまい、車ごと燃えてしまってた。

火の怖さを知るには色々なモノや疑似体験をして身に付けてきますよね。
そんなおすすめはこいつ。
熱いのが好きならなおさらです。


| 遊佐 公一 | 2009 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ